MENU

料金案内

Price

料金案内

皆さんは歯科治療を受けるうえで保険診療が当たり前だとお考えですか?

請求書

日本は国民皆保険制度のため、すべての国民が何らかの公的医療保険に加入しています。保険診療であれば、全国どこでも同じ料金で治療が受けられます。特に内科や外科など医科における治療はほとんどが保険診療で賄えるため、医療行為を受ける場合は保険診療が当たり前だと考えている方は多いのではないでしょうか。

しかしながら歯科においては、保険診療の治療方法や材料の範囲はごく一部に限られています。日進月歩の技術革新を続けてきた歯科医療では新しい材料や治療法が確立され、治療の選択肢は増えているというのにです。もちろん保険診療のみで充分な結果が出る場合もあります。しかし制限の多い保険診療では最善の治療結果が得られないケースも非常に多く、それが今日の歯科医療の実情です。

医科と歯科における保険診療と自由診療の範囲

  • 医科治療
    医科治療
  • 歯科治療
    歯科治療

歯科治療における保険診療と自由診療を正しくご理解いただきたい

自由診療は治療費が高いというイメージが先行して誤解されている部分が多いように思います。保険診療のメリットは費用負担が軽いことですが、自由診療のメリットは長年の研究や臨床の現場から生まれた最先端の治療法や安全性・機能性の高い材料(セラミックの人工歯など)を自由に選択できる点です。治療にかけられる時間も十分確保できるため、より丁寧な治療が可能になります。また保険診療は悪くなった部分を最低限補償された方法で治す治療ですが、自由診療は予防的治療が行える点もメリットと言えます。治療費は全額負担になるものの、再発で通院を繰り返すことを考えると中長期的にみてメリットが大きいのです。

自由診療は歯科医院によって料金が異なります。料金が高いから良い、安いからダメだということではありませんし、時間をかけたから一概に良いというわけでもありません。治療内容と得られる結果をしっかり説明できる信頼のおける歯科医院を選ぶことも大切です。そして何より患者様ご自身が、本当に満足のいく治療法をしっかり考えて選ぶことが望ましいのです。

保険診療と自由診療の違い

保険診療
使用できる材料 決まっている。近年の研究ではアレルギーが指摘されている材料もある。
治療法 限られている。悪い部分を治す最低限の治療になる。
治療時間 制約がある。
治療費 日本全国どこで治療しても同じ。
費用負担 一部負担(だいたい3割、異なる場合あり)。
予防のための診療 受けられない。
治療後は? 悪くなってから限られた材料と治療法、時間で治療するため再発リスクが高い。
自由診療
使用できる材料 安全性、機能性、審美性の高い材料を選択、使用できる。
治療法 最新の医療機器や薬剤を使用し、最先端の治療を受けられる。
治療時間 十分に時間をかけられるため、丁寧な治療が可能。
治療費 歯科医院によって異なる。
費用負担 患者様の全額負担。
予防のための診療 受けられる。
治療後は? 口腔内全体を総合的に治療できるので、予防効果が高い治療結果を期待できる。

料金表表示価格は税抜金額です。別途消費税(10%)がかかります。

むし歯の詰め物

素材価格
ゴールドインレー ¥70,000
オールセラミックスインレー ¥50,000

むし歯のかぶせ物(前歯)

素材価格
メタルセラミックス ¥85,000
オールセラミックス ¥110,000
オールセラミックス(ジルコニア) ¥150,000
ラミネートべニア ¥120,000

むし歯のかぶせ物(小臼歯)

素材価格
オールセラミックス(ブロック削り出し) ¥65,000
ゴールドクラウン ¥100,000
メタルセラミックス(ジルコニア) ¥85,000
オールセラミックス ¥110,000
オールセラミックス(ジルコニア) ¥150,000

むし歯のかぶせ物(大臼歯)

素材価格
オールセラミックス(ブロック削り出し) ¥65,000
ゴールドクラウン ¥100,000
メタルセラミックス ¥85,000
オールセラミックス ¥150,000

抜歯後ブリッジ

素材価格
セラミックスブリッジ(メタルフレーム) ¥85,000/1本
セラミックスブリッジ(メタルフリー) ¥150,000/1本

※補綴物には別途型取り代がかかります。

入れ歯

素材価格
高機能デンチャー(総入れ歯) ¥800,000
ノンクラスプデンチャー(部分入れ歯) 片側¥100,000
両側¥150,000

インプラント

内容価格
検査及びCT撮影料 ¥10,000
インプラント埋入・上部構造 ¥360,000/1本

予防歯科(PMTC)

内容価格
30分コース ¥3,500
60分コース ¥7,000
歯の健康診断 ¥10,000

ホワイトニング

内容価格
オフィス&ホームホワイトニング ¥40,000
オフィスホワイトニング2回目以降 ¥15,000/1回

医療費控除について

  • 医療費控除とは?

    1月1日から12月31日までの1年間に、本人又は本人と生計を一にする配偶者やその他親族のために支払った医療費が10万円を超えた場合(または合計所得金額の5%を超えた場合)、確定申告をすることによって税金の一部の金額が戻ってくる制度です。
  • 歯科医院で支払う治療費はほとんど医療費控除の対象になります

    治療目的の医療費はほとんどが対象になります。ただし、美容目的の歯列矯正やホワイトニング、歯ブラシなどの購入代金(歯周病治療に処方された歯ブラシなどは可)は対象外です。

インプラントやセラミック治療など高額になる治療もあるので、医療費控除をしっかり活用しましょう!