MENU

インプラント治療

Dental implant

インプラント治療

本来の歯のような自然な見た目と噛み心地

インプラントはご自分の歯に変わる「第二の永久歯」と呼ばれるほど、まるで自分の歯のように快適な生活を取り戻すことができる画期的な治療法です。入れ歯が合わなくて悩んでいる方や、自然な見た目の口元を望む方、周りの歯の健康を守りたい方に最適です。

インプラント(人工歯根)の構造

インプラント(人工歯根)の構造

インプラントの安全性は?

インプラントというと最近できた新しい治療法だと思われているかもしれませんが、現在使われているインプラント(人工歯根)は、50年程前につくられ、長年の改良を重ねて非常に性能が良くなり、世界中で使われるようになりました。

インプラントで使用される材料はヒトの生体と親和性が高いチタンという金属で造られています。チタンは長年の基礎的研究、臨床的研究からインプラントの材料として最も安全であり、あごの骨と長期にわたり結合することが確認されています。

インプラントのメリットとデメリット

インプラント インプラント
メリット
  • ・周囲の歯を削ったり、土台として使ったりしないので残っている他の歯に負担をかけない
  • ・自然な見た目で天然歯と区別がつかないくらいに回復できる
  • ・あごの骨と結合し、しっかり固定させるためまるで自分の歯のように硬い食べ物も噛める
  • ・ブリッジや入れ歯に比べ清掃性が良い
デメリット
  • ・自由診療のため治療費が高額になる
  • ・簡単な外科手術が必要
  • ・治療期間が長い

インプラント治療の流れ

  1. step検査・カウンセリング

    問診・レントゲン撮影・歯科用CT(コンピューター断層撮影)など、口腔内検査をします。患者様のご希望などを伺い、治療方針や費用、治療期間などを相談します。

  2. step精密検査・診断

    手術を行うために型採りを行い、歯科用CTの画像とデータを合成しシミュレーションを行い、総合的な診断をして治療計画を決めます。

  3. stepインプラント埋め込み手術

    骨を削り、検査データを元にインプラントガイドを作製し、シミュレーションされた長さ・太さのインプラント体を骨の中に埋め込みます。手術には1回法と2回法の術式があります。

    ※麻酔をかけますので術中の痛みはありません

    1
    インプラント埋め込み手術1

    インプラント体を埋め込む穴を空ける

    2
    インプラント埋め込み手術2

    インプラント体を埋め込む

    1回法
    1回法

    インプラント体上部にふたを取り付け手術は終了です。ふたが表面にみえている状態です。

    2回法
    2回法

    インプラント上部にふたはせずその上を粘膜で完全に覆います。

  4. step安静期間

    インプラントと骨が結合するまで安静期間を設けます。

  5. stepアバットメントの装着と人工歯の作製

    • 1回法人工の歯を取り付ける部品 ( アバットメント ) を装着して型をとり、人工歯の作製を行います。
    • 2回法インプラント上部の粘膜を再度切開して(2回目の手術)、その上にアバットメントを付け、1回法と同様に人工歯の作製を行います。
    アバットメントの装着と人工歯の作製
    アバットメント装着
  6. step最終的な人工歯の装着

    完成した人工歯をインプラントに接合して完了です。
    定期的なアフターメインテナンスが必須です

    最終的な人工歯の装着

インプラントは長い目で考えましょう

インプラントは治療期間の長さや費用面などの負担はありますが、メンテナンスをしっかり行なっていれば、入れ歯やブリッジのように経年劣化により治療を繰り返すようなことがありません。長い目で見れば、周囲の健康な歯に悪影響を与えること無く長期間の使用に耐え、自分の歯と同様の感覚でおいしく食事ができる、見た目も自然で、思いきり笑うことができます。インプラント治療には他の治療方法とは比較できない良さがあります。

インプラント手術後のアフターケアも怠らないようにしましょう

  • アフターケア1
  • アフターケア2

インプラントの最大の敵は歯周病です。人工歯やその周りの汚れをそのままにして、インプラント周囲炎になってしまわないように、毎日のブラッシングをしっかり行い、定期的にプロケアを受けていれば大きなトラブルになる前に対処することができます。
※インプラント治療は自由診療となります。