MENU

歯周病治療

Periodontal treatment

歯周病治療

お口のこんな症状、気になったことはありませんか?もしかしたらそれは歯周病かもしれません。

下記の通り、思い当たる症状があったら、詳しい検査をおすすめします。

  • 朝など寝起き時に口の中がネバネバする
  • 歯みがきの時血が出たり、口をすすいだ時に血が混じっている
  • 口臭が気になる
  • 歯ぐきが赤く腫れているところがある
  • 歯と歯の間に食べ物がつまりやすくなった

歯周病ってどんな病気?

歯周病は細菌の感染によって起きる炎症性疾患で、歯周組織に炎症が起こることで様々な症状やトラブルを招くお口の病気です。成人の80%は歯周病と言われています。ただ、初期段階ではほとんど自覚症状がないため、気付いたときには進行していることも珍しくありません。重症化すると歯ぐきの炎症だけではなく、歯を支えるあごの骨も溶かしていき、最終的に歯が抜け落ちてしまうこともあります。

なぜ歯周病になるの?

歯周病の主な原因は、歯垢(プラーク)に潜む細菌です。プラークはみがき残しや歯と歯ぐきの隙間(歯周ポケット)に潜んでいます。このプラーク中の細菌が出す毒素によって、歯ぐきに炎症が起きて歯肉炎になってしまうのです。プラークをしっかり除去できれば、歯周病の発症や悪化を抑えることができます。

歯周病の進行

歯周病の影響はお口の中だけではありません

近年の研究で歯周病と様々な全身疾患には関連があることが分かってきました。

歯周病治療の基本的な流れ

  1. step

    レントゲンや歯周ポケットの検査を行い歯周病がどの程度進行しているのか、特にどの歯が悪いのか等を診査します。

  2. step

    • 歯周病治療の流れ

    歯周病の原因となる歯の表面や歯と歯ぐきの境目にたまったプラーク(歯垢)やバイオフィルムなどを取り除きます。
    ※バイオフィルム…細菌が集まってできた菌の集合体。お風呂の水アカのようなもの。

  3. step

    • 歯周病治療の流れ

    歯周ポケット内のプラークや歯石を医療用拡大鏡ルーペを使用して除去します。

  4. step

    歯周病の治療後、再度検査を行い歯茎の状態を評価します。状況に応じて歯科衛生士がブラッシングの方法や確認、一緒に練習を行います。また、継続してメンテナンスを行っていきます。

重度歯周病の場合は
歯周外科手術を行っております

治療風景

歯ぐきの深いところまで歯石がついて通常の器具では取り除けない場合など、重度歯周病の治療は歯周外科手術を行います。

歯肉を切開し歯根についた歯石や汚れをきれいに除去し、歯周病で溶けてしまった骨を再生するためにエムドゲインゲルを塗布します。切開した歯肉部分は縫合して手術は終了です。手術時間と安静時間を合わせて数時間で帰宅可能です。
※手術は麻酔をかけて行います

エムドゲインゲルとは?

エムドゲインゲル

ブタ歯胚組織使用歯周組織再生材料で、骨を再生させたい箇所に使用します。歯周ポケットが6mm以上の重度歯周病の治療に使用する材料です。
※エムドゲインゲルは自由診療となります。

エムドゲインゲルの特徴
  • 骨を従来の健康な位置まで再生することができる効果的な治療法です。
  • 歯ぐきが下がったり、隙間ができたりといったことが起こりにくくなります。
  • 世界40カ国以上で使用されている安全性の高い材料です。