MENU

医師紹介

Doctor

院長あいさつ

院長 葉山康臣

「行って良かった」と喜んでもらえるような歯科医院でありたい

初めまして、長崎市横尾「葉山歯科キッズデンタルクリニック」院長の葉山康臣です。

ほとんどの方が出来れば歯医者には行きたくないと思っているかもしれません。
そのような方にも、「行って良かった」と喜んでもらえるような歯科医院でありたいと、スタッフ一同、日々研鑽しております。

当院では患者様ご自身の悩みや希望について、まず初めにしっかりとカウンセリングを行っています。そして患者様ご自身が、何が最善の治療かを十分に理解し、決めていただくことで、治療を中断することなく、治療終了後のメンテナンスへとスムーズに移行できます。 歯科医師として、まずは患者様と向き合い、治療の必要性を十分に理解していただくことが私の最初の仕事だと思っております。

私は治療中断の要因のひとつは、医院と患者様との意思疎通が出来ていないことだと考えています。例えば患者様は「自分が治して欲しいところをなかなか治療してくれない」と感じたとします。ですが歯科医師としては、そこを治すだけでは再発の可能性が高いと診断し、優先度が高い治療から行っている、そのような場合でも、互いの思いの食い違いが始まっています。そしてついには治療に通うのを止めてしまう、というケースが起こってしまうのです。なぜこの食い違いが起きてしまうのか、それは多くの患者様が自分のお口の中の状況を理解できていないまま、歯科医師も十分な説明をしないまま、治療が進んでしまっているからなのです。当院ではそのようなケースを作りたくありません。

実際にカウンセリングをしてみると、ほとんどの方が修復物の性質や耐用年数、歯周病やメンテナンスの知識を持ち合わせておらず、私の説明を受けると「今まで知らずに治療を受けていました!」とびっくりされる方が大変多いです。

私たちにとって治療は目標であって目的ではありません。「では、なぜ治療をするのか?」と聞かれれば、「あなたのお口の健康を守ることが一番の目的だから」と即答いたします。出来るだけ多くの方に正しい知識をお伝えし、健康な状態を長く保っていただきたいと日々願っております。

もし今、お悩みの方がいらっしゃれば、ぜひ当院にご相談ください。

葉山歯科キッズデンタルクリニック
院長 葉山 康臣

経歴

H13 福岡歯科大学 卒業
H18 福岡歯科大学 助手
H19 日本小児歯科学会認定医取得
H21 日本小児歯科学会専門医取得
H27~29 福岡歯科大学非常勤講師

所属学会・スタディグループ

  • 日本小児歯科学会(専門医)
  • 小児口腔医療研究会(評議員)
  • 日本顎咬合学会
  • レベルアンカレッジシステム
  • 下間矯正研究会
  • 長崎バイオブロックスタディクラブ
  • 診療風景1
  • 診療風景2
  • 診療風景3