MENU

小児歯科

Pediatric dentistry

小児歯科

小児歯科

0歳児のお子様からお口チェックを行い、むし歯や歯並びなどお悩みのご相談にのっています。早い段階から歯医者さんに慣れておくと小さなお子様も、治療ユニットでの治療や予防処置を上手に受けられるようになります。

小児歯科

歯科治療に恐怖心が強いお子様には笑気吸入鎮静法を併用し、治療中に手足が出ないようにバスタオルで優しく包みながら、お母様とスタッフが見守る中で治療を行います。

笑気吸入鎮静法とは?

笑気吸入鎮静法

低濃度亜酸化窒素と高濃度酸素を配合した笑気ガスを、鼻から吸ってもらい麻酔をかけていく方法です。不安や恐怖心の和らぎリラックスして治療を受けることができます。

笑気ガスは少し頭がボーっとする感覚だけで、治療中も意識があり先生と会話もできます。全国の大学病院や小児歯科専門医が採用している治療法で安全です。

治療中はお口にバイトブロックと呼ばれる開口器やラバーダム防湿と呼ばれるマスクを装着することで安全に確実に治療を行うことができます。

ラバーダム防湿とは

画像のような薄いゴム膜に穴を開け、治療する歯の頭だけを出します。だ液をシャットアウト出来るので、だ液中の細菌の混入を防ぎ清潔に処置ができます。細菌が入らないのでつめものがとれにくい効果があります。

治療する歯以外はゴム膜で覆われているので、小さいお子様の口の中でも、歯ぐきや舌、頬などを傷つける心配がなく、小さな治療器具や薬品などの誤飲も防ぎます。とても安全で確実な治療法です。

  • ラバーダム防湿1
  • ラバーダム防湿2
  • ラバーダム防湿3

シーラント

シーラント

6歳頃に生えてくる永久歯の第一大臼歯は、食事をする時に一番活躍する歯です。しかし歯の溝が深いため歯ブラシが届きにくく、みがき残しから最もむし歯になりやすい歯でもあります。そこでフッ素を配合した樹脂で溝を埋めるシーラントと呼ばれる処置があります。歯を削る必要がないので痛みがなく、保険適応のむし歯予防です。

シーラントをしても歯みがきをしなければ意味がありませんので、正しいブラッシング方法を練習していきましょう。

お子様の歯並びを心配されている方へ

かみ合わせや歯並びが悪くならないように、成長期の早い段階から正常な方向へ誘導する歯列育成治療をしております。お子様の歯並びのことで気になることがございましたらお気軽にご相談ください。